Login
家庭の事情によって、放課後の子供たちの環境は変わってきます。
特に忙しい家庭では、今の時代 子供たちだけで過ごさせるには心配ですよね。
そんな中、選択肢として【学童保育】を考えてみてはいかがでしょう?
ちゃんとした指導員と共に、小学生高学年から低学年までが隔たりなく遊びながら
下の子の面倒をみたり 共同作業をしたり 上の子から学んだりという昔ながらのコミュニティの中で
子供たちの成長に大切な 『思いやり』 や 『繋がり』 が育まれていきます。

放課後こどもプランでは得ることが難しい【安全】と【協力】が、学童の大きな魅力です。

大阪市東淀川区東淡路4-7-11 TEL.6324-0831

9月

おでかけ:
 
 土曜日に水道記念館やとうもろこし(バイトさん)の個展にOBも誘って行って来ました。
 運動会の代休は大泉緑地に行き(Rくんの友達もお試しで一緒に行きました)、アスレチック→池→大きい滑り台→海公園と時間ギリギリまで楽しんできました。
あそび:

 室内ではごっこあそびにピタゴラス(変則の四目並べ)やメンコ作り・ダンボール工作(戦艦)をし、
 外では受け相にはさみん・メロンや木タッチ(缶蹴り)してあそびました。

誕生日会:
 
 保護者の手紙(生まれてきた時の事や生い立ち・こんな子に育ってほしいなどの思い)を読み、他の子にその子の良い所・直してほしい所を言ってもらい(後日、誕生日ボードを渡します。)その子の好きな集団あそびをします。
 手紙の内容を残しておき、全員の分を「めかくし/特別号」(ニュース)で発行しています。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawarigakudou.blog117.fc2.com/tb.php/107-7cf5749a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ほ~む |