FC2ブログ
Login
家庭の事情によって、放課後の子供たちの環境は変わってきます。
特に忙しい家庭では、今の時代 子供たちだけで過ごさせるには心配ですよね。
そんな中、選択肢として【学童保育】を考えてみてはいかがでしょう?
ちゃんとした指導員と共に、小学生高学年から低学年までが隔たりなく遊びながら
下の子の面倒をみたり 共同作業をしたり 上の子から学んだりという昔ながらのコミュニティの中で
子供たちの成長に大切な 『思いやり』 や 『繋がり』 が育まれていきます。

放課後こどもプランでは得ることが難しい【安全】と【協力】が、学童の大きな魅力です。

大阪市東淀川区東淡路4-7-11 TEL.6324-0831

2月

うれしい一コマ

低学年二人の会話
A:「もうちょとで高学年活動行ける」
B:「いいな・でもAが6年なったら一緒にいける」
A:「そうやな」
  「でも中学や高校なっても来ていいねんな」
指:「いいよ」
B:「大学は」
指:「いいよ」
A・B「やった・絶対来るやんなー・だって学童楽しいもん」

入所相談会
 子ども達は、来てくれた子におんぶや肩車をしてくれる子、おやつを作ってくれる子、工作を教えてくれる子と異年齢集団の良さが受け継がれている様子を見ると
 Mくんは、新一年の為に割り箸鉄砲やダンボールで剣や盾を作って新入所児が来るのを楽しみにしています。

豆 ま き

 2/3・ひまわりでは恒例の豆合戦をしました。
 部屋を区切り二チーム(4対4)に別れ、年+一個食べたら、投げていいというルールで行い
短い時間でしたが、初めてやったKちゃんも「楽しかった」との事でした。
 後片付けもみんなで率先してやってくれました。

 駅伝合同練習

 保護者も参加してくれ練習の後、受け合いやサッカーをして交流してきました。

チョコ作り

 初めてやったKちゃんは板チョコを切るのり大分苦戦していましたが、
バイトさんに教えて貰い2個目からは速く切れました。
 率なくこなす子や粉状になるまで細かくしている子などいろいろです。
 入所対象者の所にも持って行って来ました。

 あそびの広場

 どんぐりさんのあそびの広場に行かして貰い、プラバン作りや餃子の皮で作るピザを作って交流して来ました。 
 


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawarigakudou.blog117.fc2.com/tb.php/113-42d5e3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ほ~む |