Login
家庭の事情によって、放課後の子供たちの環境は変わってきます。
特に忙しい家庭では、今の時代 子供たちだけで過ごさせるには心配ですよね。
そんな中、選択肢として【学童保育】を考えてみてはいかがでしょう?
ちゃんとした指導員と共に、小学生高学年から低学年までが隔たりなく遊びながら
下の子の面倒をみたり 共同作業をしたり 上の子から学んだりという昔ながらのコミュニティの中で
子供たちの成長に大切な 『思いやり』 や 『繋がり』 が育まれていきます。

放課後こどもプランでは得ることが難しい【安全】と【協力】が、学童の大きな魅力です。

大阪市東淀川区東淡路4-7-11 TEL.6324-0831

9・10月

津波・高潮ステーション

 文字見つけラリーをしながら、海抜0メートルの事や大きな地震が周期で起っている事などを教えて貰い、津波災害体感シアターや防潮扉の動かし方などを体験してきました。
 昼から映画を見せて貰う予定が公園の噴水で水びたしあそんだのでそのまま帰って来ました。

阿倍野防災センター

 待ち時間に初めて防災アニメを見せて貰い、地震後の火災防止や消火器の使い方・通報の仕方などを体験したそうです。
 昼からはパソコンでジグソーパズルしたり、消防服を纏い記念撮影をして帰って来ました。

 今は一年生が6人来ているので、外出時の並ぶときや電車の乗り降りのときなどに
人数の確認を高学年の二人にして貰っています。
 二人にとっては沢山の一年生を迎えるのは初めてのことなので、
「ぜんぜん言う事聞いてくれへん」と言いながら注意したり面倒を見てくれています。
 今までは低学年に逆に注意される事の多かった高学年ですが、
下の子が入って来る事によって意識し少しづづ成長していってくれています。

10月20日

 とうもろこしが所属しているHappy Cubeが出演するゴスペルコンサートを見に行って来ました。
 Rくんは一曲目が終わる頃にはスヤスヤ眠りに付き、
Rくん・Mくんも少し寝て、Tくん・Mちゃんも寝むそうでした。
 NちゃんとWちゃんは楽しんで聞いていました。
 Rママも待ち合わせをし一緒に行ってくれました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawarigakudou.blog117.fc2.com/tb.php/125-682cf321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ほ~む |