Login
家庭の事情によって、放課後の子供たちの環境は変わってきます。
特に忙しい家庭では、今の時代 子供たちだけで過ごさせるには心配ですよね。
そんな中、選択肢として【学童保育】を考えてみてはいかがでしょう?
ちゃんとした指導員と共に、小学生高学年から低学年までが隔たりなく遊びながら
下の子の面倒をみたり 共同作業をしたり 上の子から学んだりという昔ながらのコミュニティの中で
子供たちの成長に大切な 『思いやり』 や 『繋がり』 が育まれていきます。

放課後こどもプランでは得ることが難しい【安全】と【協力】が、学童の大きな魅力です。

大阪市東淀川区東淡路4-7-11 TEL.6324-0831

ひまわり学童クラブ 大掃除の巻

203_20071130021955.jpg年末までには、少し早いですが、保護者は、年末は仕事に他に忙しいので、この時期に大掃除をしました。
普段から、ひまわり学童内は、整理整頓されているので、普段できないところを重点的にします。
害虫駆除剤(くんえん)をし、その後、ひまわりっこ、保護者、指導員で開始!
当然ヤツらは、姿をみせ、ひっくりかえったり、庭の方に逃げたしたり。
(ヤツらとは、恐竜時代からすごい生命力で繁殖し、生き延びている昆虫「ゴキブリ」です。)
それをひまわりっこが、見て「ギャーキャーワーワー」の大騒ぎです。((+_+))
はやく~退治して~見たくな~いといって、ドタバタ
見たくないんやったらみんかったらええのに、といってる傍から、わざわざ見に行き、また大騒ぎ。F12.jpg
書庫やロッカーの裏等、一年間溜まったほこりを掃除や、電球の拭き掃除等々。
そうそう、ひとつ発見したことがあります。
それは、書庫には、様々な本があり、書庫を移動するのにいったん本をすべて出し、1冊1冊拭き、また書庫へ収納する際、本をよく見ると色のシールがついていたんです。それは、指導員とひまわりっこのルールで分類分けしており、収納の際もその分類で整理していくらしいです。
ロッカー上に並んでいる、収納カゴもきちんと分類!保護者には、わからない、ひまわりルールがあるんだな~と発見しました。
当初予定していた人員よりも、仕事や諸事情で、グッと少ない人員での作業だったので、時間も大幅にかかりました。(*_*)
掃除終了後は、みんなでつくる、カレー交流会です。


F1000004.jpg
料理は、キャンプの時に論議を巻き起こした、I家カレーです。
キャンプの時に、カレーを作って食べたのですが、その時にIさんは、あれ?月桂樹はいれないの?ほんだしはいれないの?といった事で、論議が始まりました。(論議といっては大げさで、雑談です。(^^ゞ)
カレーは、それぞれの家庭の味でいろんな作り方があるのは、わかっているのですが、
たまたまキャンプに来ていたIさん以外は、ほんだしを入れる家はなかったので、え~!!そんなの入れるの?食べてみた~いということで、今回Iさんに作ってもらい、みんなで食べました。Iさんは、自分では今回は「失敗だ~」といっていたのですが、お味はどうだったのでしょうか??
残念ながら、投稿者は、食べれなかったので、わかりません。
父母会の時に、聞いてみようと思っています。carry1.gif


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawarigakudou.blog117.fc2.com/tb.php/19-c6d62696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ほ~む |