FC2ブログ
Login
家庭の事情によって、放課後の子供たちの環境は変わってきます。
特に忙しい家庭では、今の時代 子供たちだけで過ごさせるには心配ですよね。
そんな中、選択肢として【学童保育】を考えてみてはいかがでしょう?
ちゃんとした指導員と共に、小学生高学年から低学年までが隔たりなく遊びながら
下の子の面倒をみたり 共同作業をしたり 上の子から学んだりという昔ながらのコミュニティの中で
子供たちの成長に大切な 『思いやり』 や 『繋がり』 が育まれていきます。

放課後こどもプランでは得ることが難しい【安全】と【協力】が、学童の大きな魅力です。

大阪市東淀川区東淡路4-7-11 TEL.6324-0831

出席した感想

1-1.jpg3-3.jpgスケジュールがあったので、前記の「身近に子育てを語る会」に出席しました。
開始時間ぎりぎりだったので、受付にいくと「オープニングはじめま~す」といわれ、促されるまま会場にいき、何をするのかとおもったら、子供と大人の緊張をほぐすため、頭と体をほぐす簡単な手遊びをしました。
これが結構緊張ほぐれました。
考えてますね(*^_^*)
その後、子供達は、保育してもらい大人たちは違う部屋へ。。。。
4-4.jpgひまわり学童クラブとは、縁が深い上岡先生の講義を聞きました。
とてもざっくばらんにいろいろとお話をしてくださいました。
3人お子さんがいて、お子さんが小さい頃は、やはりすぐに病気になり、父母どちらが、休みを取らないといけない状態の時、どうしても仕事上休めない場合は、団地の中や、知っているお店の方等あちこち、頼み込み子供を預かっていただいたり等など、投稿者からすると、すごい!!うちは、そんな努力はしてないな~なんて感心してしまいました。
次は、小グループに分かれて、グループトークをしました。


F1000007.jpg参加者は、大体20名弱?はっきり把握していませんが、お母さんだけではなく、お父さんの参加者もいました。
3グループに分かれて特に、議題は決めずに、トークするということで、
投稿者は、人見知りするので、最初は、どうしよう、なにはなせばええんやろか、などと考えていたのですが、当グループは5人で、自己紹介をしましょうということになり、ひとり、ふたりと話を聞いていくうちに、順番が来たら、自然にいろいろなこと語っていました。(=^・^=)
だって、自己紹介ですが、いろいろ詳しく自分の事情を話してくれるんですよ。
そんなことまで、話してくれるなら。。。なんて思い、投稿者もいろいろ話をしちゃいました。
投稿者のちっぽけな悩みに比べたら、皆さんほんと、努力や悩みを抱えていて、

F1000008.jpg家庭の在り方環境、学校の事等など、うんうんそうだそうだと共感したり、投稿者の話にも賛同してくれて、後押ししてくれたりで、とても楽しく過ごせました。(話の内容は、参加者だけの特権でごめんなさい内緒です)
最後は、全員集まり、各グループどんな話をしたか報告しました。

☆最初は、なんだか、盛り上がらないな~と正直思っていましたが、普段知らないもの同士だから故に、話せる事ってあるんですよね。もうお会いすることが、あるかどうか解らないけど、顔をみながら、話をしていくうちに、心が温まり、気分も幾分か軽くなり、子育てで悩まない人なんかいないんだから、自分もがんばらなきゃと励まされた一日でした。

この記事に対するコメント

金曜から子どもが風邪をひいてて参加できませんでした・・・
しゃべるだけでもずいぶんストレス発散になりますよね。

【2007/12/10 09:07】URL | ひなたろう親父 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawarigakudou.blog117.fc2.com/tb.php/20-0695f4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

身近に子育てを語る集会

 12/9に淡路生涯学習ルームで東淀川保育運動連絡会主催の第9回東淀川区身近に子 下新庄学童クラブ【2007/12/20 00:03】

|ほ~む |