FC2ブログ
Login
家庭の事情によって、放課後の子供たちの環境は変わってきます。
特に忙しい家庭では、今の時代 子供たちだけで過ごさせるには心配ですよね。
そんな中、選択肢として【学童保育】を考えてみてはいかがでしょう?
ちゃんとした指導員と共に、小学生高学年から低学年までが隔たりなく遊びながら
下の子の面倒をみたり 共同作業をしたり 上の子から学んだりという昔ながらのコミュニティの中で
子供たちの成長に大切な 『思いやり』 や 『繋がり』 が育まれていきます。

放課後こどもプランでは得ることが難しい【安全】と【協力】が、学童の大きな魅力です。

大阪市東淀川区東淡路4-7-11 TEL.6324-0831

新しく仲間になる友達を迎える前に

3月14~15日に高学年合宿kid_01.gifをひまわり学童内で行いました。

F1000137.jpg F1000138.jpg F1000139.jpg

目的は、2つ
button_01.gif1つは、最近は少子化の影響で、兄妹の人数も減少しています。
ひまわりっこ達も自分より年齢がしたの子とどう接したらよいか、
わからないところもあると思います。
そこで、高学年同士いろいろ話をし、お互いのつながりを
固めながら、新しく入る友達をみんなで受け入れ
そして、お世話できるように
子供たちで話し合う機会をつくる。

button_01.gif2つめは、今年度(19年度)は、当学童高学年は人数が少なかったが、
近隣学童保育所と合同でバザーをしたり、
プールに行ったり、また、サイクリング、7学童合同デイキャンプ、登山などなど
積極的に高学年活動に参加しました。
来年度(20年度)は、高学年も人数が増え、更なる飛躍的活動を
目指すためにも、お互い理解を深める。



本来高学年4年から6年生対象だったのですが、
居合わせた低学年のお迎えが遅くなったこともあり
一緒に合宿をしたいとの希望で、参加となりました。(^O^)

1日目は、t-9.gifで予定が若干変更となりました。
食事pan_03.gifの材料買出しに始まり、後片付けの洗い物まですべて
自分達で行いその後、お風呂屋さんへ行きました。
合宿中は何度か、子供たちで会議を開き、しおり等を作成しました。

2日目は、下水道科学館へ出かけ楽しい合宿を終えました。

話し合いの様子などから、いままで隠れていた、子供たちの新しい一面が
垣間見えました。
そして、子どもたちは自信や仲間意識も深まり、新しい仲間が増えても
高学年が中心になり、ともに学び遊び生活していけると思っています。

みんなまってるよ~

koko_glleft.gifkoko_denchu.gifkoko_wallleft.gifkoko_doordel1.gifkoko_window1.gifkoko_right1.gifkoko_girl1.gifkoko_boy1.gifkoko_glki.gifkoko_suberi.gifkoko_gl3.gifkoko_glright.gif

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawarigakudou.blog117.fc2.com/tb.php/40-ae1573d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ほ~む |