Login
家庭の事情によって、放課後の子供たちの環境は変わってきます。
特に忙しい家庭では、今の時代 子供たちだけで過ごさせるには心配ですよね。
そんな中、選択肢として【学童保育】を考えてみてはいかがでしょう?
ちゃんとした指導員と共に、小学生高学年から低学年までが隔たりなく遊びながら
下の子の面倒をみたり 共同作業をしたり 上の子から学んだりという昔ながらのコミュニティの中で
子供たちの成長に大切な 『思いやり』 や 『繋がり』 が育まれていきます。

放課後こどもプランでは得ることが難しい【安全】と【協力】が、学童の大きな魅力です。

大阪市東淀川区東淡路4-7-11 TEL.6324-0831

学童保育所 キャンプ1日目

くつわ案内ひまわり学童クラブ大・大・大イベントキャンプ行ってきました。天気は良好太陽東淀川区から抜け出し、いざ!京都府 宇治田原町 末山くつわ池 自然公園へ出発
キャンプ場に着くと、もうお昼を過ぎていて、少し丘を登ったところでお弁当を広げ「いただきま~す」当然のことながら、虫がぶんぶん!普段そんなに虫がぶんぶん飛ぶことはないので、大騒ぎしながらの食事となりました。(笑)
その後釣りを予定していたのですが、桟橋のコンディションがよくないとのことで、中止となりました(泣)
気持ちを切替えご飯の支度メニューは定番中の定番≪BBQ&カレー≫ところが、去年の炭を使用したのでなかなか火がつかない。。。さてさてどうなることやら


BBQアルミ缶でゴハンご飯は、先日東淀川区他学童保育所の高学年交流でやった[アルミ缶飯ごう炊飯]にチャレンジ!
このために前もって各自缶をもちより、それを指導員が加工し準備をしてくれました。火をつけると、暗闇の中で炎がユラメキとても幻想的に見えました。もちろんご飯もおいしく炊けましたよ!
そうこうしているうちに、炭も火が入り、BBQも順調な出だしだったのですが、カレーが大量だったので、あまりグツグツいわず、火を強めようと、うちわをパタパタ煙がモクモク、涙ポロポロでした。ひまわりっこは、BBQをほおばり、カレーが煮えた頃には、すでにお腹が膨らんでいました。はははっやっと大人が食べ始めたときふと、焼肉のタレがない!、大人総出で捜索したところ、買い忘れたことが発覚しました.....。ひまわりっこ達が、タレもないのに食べて誰一人そのことに対して何も言わなかったことが、後で気づいた大人たちには、おもしろくもあり、可愛くも思えみんなで、笑ってしまいました。(ひまわりっこたちよ!お腹がすいて殺気立ってた大人たちが怖くて言えなかったのか!なんてねkao09.gif)キャンプファイヤー炎
食事が終ると、キャンプファイヤー練習してきた、歌や出し物をしてみんな楽しそうでした。大人も日頃、大きな声をだし、自然の中で歌を歌うことなんかないので、なんだか爽快な気分になりましたよ。
♪も~えろよもえろ~よ♪~♪(^^♪
終了後は、コテージに帰りひまわりっこは、就寝大人たちは、宴会しかし、夜は、もう寒い。たくさん買ったヒエヒエのアルコールもあまり飲めなかったです。((+_+))

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawarigakudou.blog117.fc2.com/tb.php/9-9e7dbc22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ほ~む |